07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-10 (Sat)
4/1 お友達猫のハナちゃんの記事をUPしました

あれから

信じられないほど 回復したあと 4月末 亡くなりました

とても静かに 穏やかに 逝ってしまいました

あと少しで19歳 という生涯でした



腎臓病に尿毒症
元々炎症があったであろう膀胱炎

もっと早く症状に気付かなかったことに悔む 飼い主ママ
でも フルタイムで責任ある仕事をこなす中では そんなに遅くないはず


高齢の猫には多い病気です
オシッコの回数や変化
微妙な違いに いつ気付くか・・・というほど症状がゆっくり進行します

気付いたときは食欲ナシだったり
元気がなかったり
ほぼ 手の施しようがない!というケースも多いようです

診断されたら多くは1日~2日で死亡する
その上 苦しむ
嘔吐 痙攣 を繰返し終わってしまう

痙攣し苦しむ子を抱いて 最期を迎える辛さ
書くだけでも辛いですね


ハナママも 残された時間は3日もたない!と診断を受けて 
なるべく苦しまないように! それだけを考えました

水素水は正解だったようです

その余命宣告を裏切り 約3ヶ月 自力で歩いて
フードを食べて 水素水を飲んで
(スポイドでも飲ませて)
トイレで排泄できて
お気に入りチェアへ飛び乗れて

週末には受診してました

獣医先生の とっくに死んだと思ってた!信じられん!! を聞きながら



それでも やっぱり限界がやってきました

最期の10日ほど
また あの状態になってきました

ほどんど横になったままで 食欲もゼロ
お水も飲めなくなってきた

仕事がある彼女に変わり 私が毎日 通院しました

治療といっても薬はなく 栄養分を入れても意味がない状態
水分、解熱剤などを皮下注射で入れるだけ

オシッコが出ないのが怖いので尿道からチューブを挿入
チューブが膀胱壁に当たることと、膀胱炎による血尿が混じるけど
そんな血尿よりオシッコを出すことが重要な状態

吐き気は幸い 少ない
これも あって当然の怖い症状

ハナちゃんは微熱も続いてた


そんな時 ママが風邪を引いた
毎晩 ハナちゃんのそばで リビングで添い寝してたし
仕事は多忙で無理もしてたし
当然と言えば当然

旦那サンはお仕事の毎日
ちょうどお姉さんが来る予定日でもありました

そして とうとうダウン 翌日は会社を休んで病院へ

私は ハナちゃん通院のため彼女宅へ

彼女は点滴を受けたあと 一緒に獣医さんへ
付添はママ お姉さん 私

相変わらず 信じられん! の獣医先生の診察

と同時に いつどうなるか分からない状態だからと


わずか5,6分の通院距離
自宅へ着く直前に ちょっと呼吸が目立った 
ん???
ほんの1、2呼吸

今日は2人いるので玄関で降ろして バイバイ また明日来るね~ と別れる



・・・・・



・・・・・



1時間後

声にならない声で
「あれが最期だったよー」って電話がきた

玄関からマンション3回の自宅まで
お部屋でバスケットから出した時には コト切れてたそう


何年も風邪なんてひいてないのに
ましてや熱が出たことなんて 何十年もないのに
「ハナちゃ~ん、どんなに痛いのか教えて~、ママにうつして~」
   って言ったから熱出して教えてくれたのかもしれない
「一人で逝かないでね~」
   ってお願いしてたから仕事休むほど具合悪くしたのかもしれない

まさか!? 
だけど ホントのとこは分かりません
ちゃんと みんながいる時に逝っちゃいました

ペットちゃんが息を引き取る時
偶然とは思えないようなケースを たくさん聞きます
何かあるのかも・・・ 
やっぱり ただの偶然なのかも・・・ 答えはないけどね



ママが一番望んだ苦しまないこと
それは叶えられたように思います
延命措置は反対だけど
あのまま48時間あまりを七転八倒苦しんで逝くより
回復して 自力で動ける期間はわずか2ヶ月あまりだったけど
絶対 良かったはずだと

最期の呼吸は 痙攣というには小さなモノでした
吐くのかな?
どーしたのかな? というくらい
静かな静かな 最期でした


翌日の火葬にも ご一緒しました



あと1日でも早く気付いてたら
1日でも早く病院行ってたら・・・
後悔は尽きないけれど
苦しむことが前提の病気で 穏やかだったこと
18年一緒に幸せに過ごせたこと それだけは満足なママ

いっぱい泣いて いっぱい話して
ハナちゃんが また仲良しにさせてくれたようです

DSC_0457_convert_20140511103620.jpg


ハナちゃん 安らかに  


Theme : 猫のいる生活 * Genre : ペット * Category : 水素水
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-04-01 (Tue)
3月2日

打合せが終わり スマホ確認すると 不在着信あり
3、4年ぶりかなー
なんと ひっさびさの お友達から 

中央区内に住んでるというのに 勤務地の移動やら 多忙やら
ランチの機会も減ってました


何もないのは 元気な証拠! とはよく言ったモノですね

久々の電話は 泣き声でアタフタして説明する彼女

元気じゃなかったのは 彼女の分身 猫のハナちゃん


ペットのことに多少は詳しいであろう私に
「ペット用のお水で水素水のこと、教えて!!」と

なんというタイミングか
水素水の効果に話題騒然の私たち
すっかりチェックし、学習し、愛用しているところでした


 18才 ハナちゃんの わずか3週間の経過観察

◆ 3/2 博多区T動物病院(偶然にも腎臓が得意)

数日前より元気がなくなり食事量が減る
病院へ行った方がいいかと思いながらも、多忙、残業で1日伸ばしとなる
食事を全く食べなくなり、歩けなくなる
数年前に行ったことがある獣医へ電話してみたところ、すぐに診察に来るように指示あり

翌日(2日)受診したところ
腎臓がかなり悪い、余命は数日かもしれない
水だけでも1ヶ月生きれる場合もある、しっかり看病するよう指導あり
ビタミンと抗生物質(微熱があった)の点滴を受ける
治療のための薬はない
腎臓移植もできるが年齢を考えると勧められない
唯一もらえた薬は「活性炭」のようなもので、人間用サイズのカプセル
(活性炭=キムコに使われるような特定物質を除去する性能がある)

この活性炭から、どこかで聞いた「水素水」を思い出し私へ連絡する

夜、他の人の予約分だった水素水を持って訪問
(優先すべきだと思ったからね)

DSC_0318_convert_20140403172758.jpg

人懐っこく 元気で飛び回ってた姿はなく
歩かない・・・ 動かない・・・
もちろんこのお気に入り椅子にも上がれないので 抱っこで上げる
姿勢も動かさない
首を やっと回す程度
トイレへも歩けないので トイレシーツを敷きまくり

一見 キレイに見えるけど
ゴツゴツに痩せて 目やにで赤くなってる
毎回拭いてあげて やっとこのお目目の状態らしい

この日から スポイド(獣医から指導)で水素水を与える


◆ 2週間後 受診

気のせいか 少し元気になった
獣医:「とっくに死んだと思ってたよ。いやー頑張ってるねー」
(気さくだけど飼い主への指導も本気な先生、愛情ある口の悪さ)
まだ微熱もあり、前回同様の点滴だけ受ける

水素水は毎日、早朝、出勤前、帰宅後、夜に飲ませてる


◆ 3/22 3週間後 病院へ同行

診察台でハナちゃん「ギャー」と反抗するも声だけ
声もでなかった今までを思うと、先生またしてもビックリ
「絶対死んだと思ってた、信じられん・・・えーーー信じられん」と連発(笑)

ハナちゃん宅で観察

彼女がお茶の準備してるキッチンへ行って ごろにゃーん(ご飯の催促らしい)
少しヨタヨタだけど しっかり歩いてご飯食べてる
お水も自力で飲んでる
トイレへも歩いて行ってる

彼女もびっくり 私もびっくり

わずか3週間
獣医先生の予想を越えた結果に、嬉し泣きの彼女



DSC_0355_convert_20140403172839.jpg



私のそばへも来て クンクン
お目目もすっかりキレイになって 目やにもなくなったらしい
DSC_0357_convert_20140403172858.jpg


あの時、1日伸ばしにせずすぐに病院行けばよかった
このまま死んだら後悔が大きすぎる
せめてできること、何の役にも立たないかもしれないけど
何かあるんなら、何かしてあげたい
ダメ元でもいい、これ以上は後悔したくないだけ

そういって、水だけでも生きると言われた獣医の言葉を励みに
身体に良い水をあげました


◆ 31日 電話報告あり

ハナちゃん、ますます元気になってるよ~ っと彼女

家族中が飲み始めたそうです



 薬じゃないしね、何が治ります!とは言えないみたいだけど
良い変化が起こってるのは確かですね。

きっと運命で定められた寿命が延びるわけじゃない
でも、その時まで寝たきりや痛い痛いで過ごすより
元気な方がイイに決まってる

・・・・・っと思う 


Theme : 猫のいる生活 * Genre : ペット * Category : 水素水
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-03-26 (Wed)
水素水のこと ご存知ですか 

悪の根源である活性酸素を除去することで、様々な身体のトラブルを改善する!
という夢みたいなモノです

高額なサプリメントじゃないですよ
外国製の怪しい薬でもないですよ
信じる者は救われる!的な危ないモノでもない

臨床実験もされ、科学的根拠のもとに証明されたモノです


去年あたりからTV、雑誌、多くのメディアで話題いっぱいでした

太田教授の発表後、一攫千金を狙うよーな商品をはじめ
多数の「水素水」と称するものが発売されています

でも やっと 色んな検証を踏まえたり 各社が試験したりして
本物とウソ物の区別もできるようになりました

実は 私も色々やったんです
散々調べたし・・・
水素計で実際計りまくったし・・・
もちろん飲みましたよ~ 

ってか 現在も 継続中です

ついでに デイジーさんも 継続中です

自信を持って紹介できるものに落ち着いたので 少しづつ紹介していきます
全ての人に すべてのワンにゃん達に
飲まないより絶対飲んだ方が良い!!!

お楽しみに 

NEW.jpg
Theme : わんことの生活 * Genre : ペット * Category : 水素水
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |